まずは弁護士資格取得

顧問弁護士になるためにはまず、当然ですが弁護士の資格を取得する必要があります。弁護士になるためには、大きく分けて二つのルートがありますので、参考にしてみて下さい。

まず一つ目は、大学を卒業してから法科大学院に進み、司法試験を受けるという方法です。法科大学院の年数は大学で法学を学んでいるかによって異なり、法学を学んでいる場合は二年、学んでいない場合は三年、法科大学院に通う必要があります。その後、司法試験を受験し、司法試験に合格をしたら次のステップに進みます。

二つ目は中学や高校、大学を卒業後、予備試験を受け、合格したら司法試験への受験資格を得るというものです。司法試験に合格後はタイプ1と同じように、次のステップに進みます。
どちらの場合も司法試験に合格後、司法修習を一年間受け、その後修了試験に合格したら、弁護士になる為の資格を取得することが出来ます。

弁護士資格を取得してはじめて、顧問弁護士への道が開けると言えるでしょう。また、司法試験を受けるためには五年以内に3回まで受験が可能と回数が決められていますので、計画を事前に立てて、無理の無いスケジュールで受験に臨むように心がけましょう。
次に、顧問弁護士になる方法についてご説明します。