顧問弁護士とは

弁護士にもいくつか種類があり、その中でも企業になじみがあるのが、顧問弁護士と呼ばれる弁護士です。顧問弁護士とは、特定の企業と弁護士契約を結び、その企業の相談に乗ったり、場合によっては契約企業の為に、訴訟手続き、弁護手続きなど、法律に関係する対処を行う弁護士の事を差します。

顧問弁護士は基本的に、問題が起きる前や、問題が起きた際に損害になる前に対処をするように尽力する弁護士で、相談をすることで、企業の一番になる道を模索し、必要な手続きを取ってくれる人と言えるでしょう。必要に応じて訴訟手続きなどを行ってくれますが、基本的には物事が円満に、円滑に進めることが出来るように、尽力する人と考えられます。

参考…企業法務一般から従業員との労働トラブルまで対応しているアディーレ法律事務所

顧問弁護士の業務形態は、弁護士によっても異なりますが、専属契約をしている顧問弁護士も居れば、弁護士事務所に所属して、様々な仕事を行いながら顧問弁護士を行っている弁護士、いくつかの企業と顧問弁護士の契約を結んでいる弁護士も居ます。迅速な対応を行うことが出来る点、信頼できる相談相手が付くという点から顧問弁護士を雇っている企業は多く、顧問弁護士の需要と希望も、年々増加していると言えるでしょう。

顧問弁護士になるための方法はいくつかあげられますが、そもそも顧問弁護士になるためにはまず、弁護士の資格を取得する必要がありますので、次ページからは、弁護士になる為の道について、弁護士になる方法についてご説明をします。